《私の本棚 第九十一》   平成16年10月

 

 「赤ずきんちゃん」  ペロー  

 

フランス人、1628生ー1703没。赤ずきんちゃんはペロー童話集として発行されている中にありますが、話は多かれ少

なかれ口承の昔話が源になっているようです。「赤ずきんちゃん」はペローによって初めて書き留められた話ということ

です。グリム童話にも同じ話で結末の違うものがありますが、グリムの話はペローの話がもとになっているといわれてい

ます。

 話の結末としては、赤ずきんちゃんは狼に食べられてしまいます。小さい子供は残酷とは思わず、狼はコワイと受け

止めるのでしょう。教訓として続く話では、赤ずきんちゃんのような世間知らずの可愛い女性は、世の中の優しそうな男

性のことを、狼のように悪知恵に長けた恐ろしい生き物だと知りなさいと言っています。

 そういう風に読むと、大人が読んでも面白いというか、何時の時代も男は・・・。

 

                    前の頁,デイビッド・コパフィールド   次の頁,耳なし芳一   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

酔芙蓉

 

酔芙蓉

【本文との関係---季節】

虫を捕まえてきた「やらせ」

ではなく、偶然に見つけました。