《私の本棚 第九十三》  平成16年12月

   

「巌流島」  斎    茂  吉   著

  

明治15年山形県生まれ。東京帝国大学医科卒業の医師にして歌人。この小文「巌流島」は、大正10年、船による

欧州旅行に向けて日本を離れる前、停泊中に立ち寄った印象を書いた文章です。

もともと小さな正式名称「船島」は、現在埋め立てられて6倍以上の大きさになっています。もちろん、船の形は

残っていません。

 茂吉はこの文章の中で、剣豪武蔵のことを、「卑怯者」と一刀両断にしています。氏は、勝負の時刻に3時間も遅れて

来たこと。そのことを佐々木小次郎巌流になじられても馬耳東風。それどころか怒った小次郎が鞘を捨てたのを見て

小馬鹿にしたこと。そして武蔵が同じ道具を使わなかったこと等を挙げています。それが戦術であって、一命を賭けた勝負

なら仕方がないことと承知の上でです。こんな歌を残しています。

                      ……わが心いたく悲しみこの島に命おとしし人をしぞおもふ……

 

           前の頁,耳なし芳一   次の頁,正月閑話   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

巌流島

 

巌流島

(背景は関門橋)

【本文との関係---地理】