《私の本棚 第九十四》  平成17年1月 

 「浜坂にて」
 野田  宇太郎  

  福岡県生まれの詩人、評論家。この一遍は『関西文学散歩』下巻に収録されている。この中で、浜坂は「針造る町」としての賑

わいに触れていますが、特産品を調べても針の事は出てこない。むしろ現在では、松葉ガニとホタルイカが有名になっている。

意外にホタルイカの水揚げ量は、富山県全体よりも浜坂港の方が多い。JR浜坂駅は昔も今も、湯村温泉への起点になってい

る。

  浜坂駅から鳥取寄りに諸寄(もろよせ)という所があるが、ここで生まれた前田純孝(じゅんこう)という歌人にも言及されていま

す。諸寄に生まれた薄幸の歌人は三十二歳で亡くなりましたが、町では彼の名を冠した文学賞を設けています。「ほねを父に肉

を母にかへす時そこに残れる何物ありや」という歌があります。薄幸故にという解釈ですが、皆何れ必ず訪れる日。未来よりも

過去が長くなった我が身、同じような事を考える時もあります。

 

                前の頁,正月閑話   次の頁,千夜一夜物語   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁                     

湯村温泉、荒湯遠望

 

泉 

荒湯遠望

【本文との関係---地理】