《私の本棚 第九十六》  平成17年3月 

 「京都発見(一)地霊鎮魂」
  梅原 猛    

  

哲学者である著者は、日本文化の深層に関する論考で「梅原日本学」と呼ばれているそうです。この京都発見の(一)は、

数年前、たしか、京都新聞の日曜版に連載されていました。現在書籍に装丁されて八巻まで刊行されています。 

  この中で「お稲荷さん」について述べられています。お稲荷さんは711年に秦氏の神が下社に降りたときに始まるそうです。

しかし、山城国風土記逸文や日本書紀によると秦氏と関係が深かったのは、狐ではなく狼のようです。弘法大師空海は東寺建設

の資材に稲荷社の木を切ったとのこと。日本において神仏が仲良くなったのは、宇佐八幡神がやおよろずの神を代表して上京し

奈良東大寺建設を祝福してから。だから東大寺の境内(二月堂か三月堂の横だったと思います)には手向山八幡宮が鎮座され

ているとの事です。 鳥居のトンネルをくぐり抜けると、そこは祈りの心が渦巻く異界。

 

                    前の頁,千夜一夜物語   次の頁,にごりえ   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

稲荷社総本山、伏見稲荷、鳥居

 

稲荷社総本山 

伏見稲荷の鳥居

【本文との関係---地理】