草人さんの俳句コーナー

 

  毎年、年賀状を頂いており、そこに書かれた俳句を楽しみに読んでいます。その中の一句が

心に残り、是非とお願いしてコーナーを開きました。残念ながら俳句メモが散逸してしまったそうです。

今後詠まれたり見つかったりした時は、随時追加してご紹介します。

  句と共に付された緑色文字のコメントはご本人の言葉です。詠み人は京都府在住の男性とだけ

ご紹介します。

 

 

  

  原子力を運ぶ鉄塔山笑う

鉄塔の朝日

 

    年代不詳の古い句ですが、今も気になる句です。

    村の東方、小山の頂に原発から送られる送電線が見えます。

    春の明け空にくっきりと浮かび上がります。

 

 

 

 

 

 

新潟県柏崎刈羽原発に近い送電線と朝日

 

 

 

  鍬初め刃先のさびをぬぐうかな

農夫                      平成8年正月・・・・・・・まだまだ元気な頃     

 

   

 

 

 

 

 

 

  松が枝に昇る希望の大初日

日の出

                        平成11年正月





 

 

 

 

 

 

  元朝や昨日の如く目覚めけり

松と鶴

                           

           平成12年正月・・・・・・・この年入院、13年1月退院

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  朝日待つ日々の活しや去年今年

                          朝露と太陽

 

             平成14年正月

 

 

 

 

 

 

 

 

  風雪に耐えて幾度初日かな

            

            平成15年正月

 

       

 

 

 

 

    美山 かやぶきの里

 

 

                 16年は無し。このあたりから、これからの事は考えず

                 過ぎ去った過去のことのみ頭に浮かぶ毎日でした。

 

 

 

 

 今はただ思いでのみぞ去年今年

                             

             平成17年正月  

                                     

   人並みに目耳足も弱ってきたそうです。管理者はこの句が

   大変気に入っています。還暦が近づくと過去と未来の空間

   に手を差しのべてみたくなります。

 

 

 

     湯村温泉

 

 

 

 

 初日さす八十路の坂も半ば過ぎ

                                       平成18年正月

 

 

 

 

 

 

 

 

                             

 

 

 

 

 

草人さん(本日まで匿名でしたが本名、岡田光藏氏)は平成二十四年春九十歳でお亡くなりになりました。ご冥福をお祈り申し上げます。

このサイトはご遺族に確認致しましたので、ホームページ全体を閉じるまでこのまま掲載いたします。

 

                                  本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本       トップ頁